水晶の産出国

HOME / 水晶の基礎知識 / 水晶の産出国

水晶
水晶の基礎知識

世界一を誇る水晶の産出国ブラジルをはじめ、アメリカやスイスなど各国で水晶は採れます。国によって色んな特徴を持った水晶が産出されるんですよ。ここでは、おもな水晶の産出国をいくつか紹介しましょう。
水晶を選ぶ際は、なるべく有名な産出国で採れたものにすることをおすすめします。

ブラジル

ブラジルブラジルは世界有数の鉱物産出国で、なかでも水晶はとても有名です。ブラジルで産出される水晶は世界各国へ輸出されます。クリアクオーツアメジストスモーキークオーツローズクオーツ(自形結晶も含め)シトリンなど色の面でも様々なバリエーションを持ったクオーツを産出します。

色や形の豊富さのほか、ブラジル産の水晶は他の国で産出されるものより、若干透明度が低いという特徴もあります。もちろん、すべての水晶の透明度が低いわけではありませんが、水晶の産出国として世界中に知られているブラジルの水晶がどうして透明度が低いのでしょう?

その理由としては…採掘技術が挙げられます。ブラジルでは、おもに水晶のバイヤーが鉱山主から鉱山を掘る権利を買って、日雇い労働者たちに安い賃金で鉱山を掘らせます。何度も水晶の採掘経験を重ねている日雇い労働者たちも、熟練しています。

けれど、いくら熟練しているといっても、個人の能力、体力だけでの発掘作業には限界があって、技術もあまり進歩していないのが現状ですね。水晶のバイヤーからしてみたら、透明な水晶を探しながら、そこだけを掘ってほしい…というのが本音だと思いますが、なかなかそう簡単にはいきません。

ページの先頭へ

アメリカ

アメリカアメリカ産の水晶も広く知られています。特に、アメリカ南部のアーカンソー州はブラジルと肩を並べる世界有数の水晶産出地です。宝石のようにキレイな水晶が採れると言われているんですよ。

輝きと透明感がアメリカ、アーカンソー州産の水晶の大きな特徴と言えるでしょう。日本へも輸出していますが、以前よりも高品質の水晶が少なくなってきています。ここ数年の水晶ブームで品薄になっていると考えられます。

それに伴って、値段もほかの産地の水晶より高くなってしまっているのですが、その美しさに魅了される人々はまだたくさんいます。また、アメリカのアーカンソー州は清水の名所としても人気があり、純粋なエネルギーを放出することで知られています。
パワーストーンとしての人気がとても高い水晶です。

ページの先頭へ

スイス

スイスアニメ『アルプスの少女ハイジ』でおなじみのスイスですが、実は昔から高品質の水晶を産出する国として広く知られています。国の石が水晶と定められているほどなんですよ。

けれど、良質の水晶がたくさん採れていたのは残念ながら昔のこと…。今では、その数もとても少なく、しかも小ぶりのものが多くなりました。スイスは雪深い国なので、水晶の採掘作業も一苦労です。雪解けを待って、採掘できる期間もほんのわずかとなります。

道具を背負って、鉱山を登り、キケンな目に遭いながら採取するのです。ヨーロッパでは多くのコレクターが、順番待ちをしているくらい超人気の水晶なんですよ。なかでも、スイス産の透明度の高いスモーキークオーツは、入手困難な水晶と言われています。

また、多くのフランスやイタリア産の水晶が「アルプス水晶」といって販売されています。本物のアルプス・スイス産の水晶はほんの少ししかありません。

ページの先頭へ

その他の水晶の産出国

日本も昔は水晶の産出国だった!?

水晶岳日本で水晶の産地というと、山梨県が有名でした。過去形にしたのは、今ではもう産出していないからです。水晶の原石は大正時代の末に底をついてしまいました。そんなわけで、水晶が採れる場所は一つもなくなりました。

山梨県の昇仙峡にある茶店では、ブラジル産の水晶が販売されています。かつては日本でも水晶が産出されていたことから、水晶にちなんだ名前の山があるんですよ。その名も水晶岳といいます。

この水晶岳は、北アルプスの中部にある標高2986mの山です。水晶岳の由来は昔、山ろくから水晶が採れたことに由来しています。さらに、水晶岳は別名を黒岳とも呼ばれています。このほか、水晶岳には水晶小屋という山小屋があります。水晶小屋は、北アルプスでは一番小さな小屋となっています。ちなみに、この水晶小屋にはキャンプ地はありません。

ネパールの「ヒマラヤ水晶」!

ヒマラヤ山脈チベットとネパールの国境付近にあるガネーシュヒマール山も水晶の産地です。ここ産出される「ヒマラヤ水晶」は、その村の出身の村人たちだけが採掘を許されています。

2001年にはある採掘地域のガネーシュヒマール産「ヒマラヤ水晶」が産出できなくなったという噂が流れて、関係者を驚かせました。ですが、少し離れた場所に産出できるところを発見し、一安心したのでした。

そこで、新しい種類の「ヒマラヤ水晶」が採れるようになり、少しずつ日本へも輸出されています。このガネーシュヒマール産の「ヒマラヤ水晶」は、「ヒマラヤ水晶」の中の最高峰と言われるほど、素晴らしいものなのです。

ページの先頭へ